2009-11-26 19:59 | カテゴリ:日記
今日、友人とマイケルジャクソンのThis is itを観てきました。

ラジオで始めて聞いた訃報から約半年、早いものです。
彼の最後の勇姿をスクリーンで見ておきたかったので、内容に関しては大満足でした。

ただ、改めて気付いたのはスタッフとの絆、かな・・・。

商売だったり偉業を成し遂げようとしているのではなく、ただマイケルが好きで、マイケルが全力でやってるからこそ全力で万全に。

しかも心底楽しそうに。

言葉や文章に言い表せない感慨がありました。
同じ時代に居れた事の幸運、というかそんな感じ。

彼はネバーランドに帰っていきましたが、とても良い夢を見せてくれたと思います。

彼自身の幸不幸は図りかねますが、私は彼を知る事が出来て幸福でした。

ありがとう、マイケル。
スポンサーサイト